2020年05月18日

腕時計。

デイトナが欲しいと思っているのはここの記事でも何度か書かせていただいています。
”なんでそんなに?”と思われるかもしれません。
今まで腕時計ってはめて生活するスタイルではなくって。
携帯電話が普及してからというもの、時刻の確認は携帯見ればいいかな。って思ってしまうんですよね。
それでなかなか腕時計に興味を持つことってなかったんですが・・・


自分も30代を折り返すというところまで年齢がきてしまいました。
腕時計って無ければ無いで何となく済んでしまうもの。言ってみればアクセサリーのようなもの。
ただ、中年のおっさんに差し掛かって、これも何となくなんですが、
”1本くらいいい時計を持っておきたいな”と思うようになりました。

職業上、スーツを着用することなんて年に数えるほどしかありません。
と、いうか着ない年もあるのではなかろうか?
通勤は私服ですし院内は白衣ですし。


それでもスーツを着た時に似合う1本が欲しいな。と。



まぁ、間違いなく贅沢品です。


でも、そう思ってちょっといい時計=高級時計=Rolexみたいな図式が自分の中で成り立って、Rolexの商品ページを覗いたところ、デイトナを見てしまいました。



正直、”こんなかっこいい腕時計が世の中にあったんだ”
というのが正直な感想。
これまでは先述の通り、腕時計には興味がなかったので所謂”スポロレ”というカテゴリの存在も知りませんでした。
Rolexといえば、お金持ちの人たちがつけている金色のギラついた”いかにも”って感じの時計ばかりだと思ってました。

それが、フォーマルにも使えるけど、何ていうか、じじくさい感じでもなくって。
本当に衝撃を受けました。

写真もすっごいカッコよくって。

IMG_1075.jpg



これですよ?



本当にかっこいい!素敵としか言いようがない。



で、他シリーズも色々見てたら、もうひとつ気になるシリーズが。
それがミルガウス。
スポロレの中では比較的人気が低め?らしい。
でもイナズマ秒針、かっこいいじゃないですか。

耐磁機能にも優れているのが特徴とかで、医療職者には向いているシリーズなのかな?


これも、写真がかっこいい。



IMG_1075.jpg



デイトナもミルガウスも、見た瞬間に”かっこいい”と思えた時計には今まで出会ったことがありませんでした。



なのでやっぱり寝ても覚めても欲しい!


ミルガウスは近々モデルチェンジの噂もあるみたいで、それはそれで気にはなるんですが、デイトナマラソンしてたら、手に入るまでにはミルガウスがモデルチェンジするかな?なんて風には思ってます。


ただやっぱり名古屋圏は4店舗しかないから、そこがネック。


なかなか手に入りそうにはありません。。


病院的にもコロナ騒動がひと段落したらデイトナマラソン、始めようかな。
諸先輩方、宜しくお願いします。
posted by トム at 10:36 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

zoomデビュー。

zoomデビューしました。

子どもが。
上の子なんですけど(6歳)、英会話を習わせています。
習い始めるときは本人の希望もあったので。

しかし、今回のコロナウイルス騒動で1か月以上、休講状態。


そしたら、なんとオンラインで講義を開始するというではありませんか。


それに必要なのが、これも今回のコロナ騒動の影響によるものか、話題沸騰のZOOM。
これを使ってのオンライン飲み会や、オンライン帰省?も話題になっていました。


僕は職業上、リモートワークになることはないし、オンライン飲み会やるようなテンションになるような知り合いもいないので(笑)使ったことはなかったのですが、子どもの講義のためについに導入!
iPad Proで使用しました。
これ、第3者目線で見るとかなり面白いですね。
何ていうか、可能性を感じるというか、未来的。


ただ、9.7inchのiPad Proには性能的に厳しめなのか微妙に動きが・・・遅延まではいかないけどカクつく感じ。
あと、スマートキーボードだと、画面角度が変更できないので微妙に上めを写し出し、うまいこと本人が映像に映り込めない感じ。
色々噛ませたりで調整をする必要があります。
最新のiPad ProとMagickeyboardだとこれは解消されるんだろうな。

とは思いますけど、そうは言っても1回 /週での出来事なので、これが直接iPad Proの購入理由にはなり得ないな〜と感じています。


思ったよりもzoomアプリの設定は簡単で、Googleアカウントでログインもできたので、アプリをダウンロードすればわりとすぐに使えました。
ダウンロードから実際の使用までは特に悩むところはなかったかな?
この設定のしやすさというか、ダウンロードから実際の使用までがスムーズなのってアプリにおいては個人的にはかなり重要。
ここが複雑だと、どうにも使用する意欲が消えてしまう。
その点、イラつくこともなかったので◎。

この取り入れのしやすさがここ最近のzoomアプリの広がりを後押ししているというか、支えているんだろうな。


そんなこんなで子どものオンライン講義を見ていたら、自分もなんかzoomデビューしたくなって来た!
オンライン飲み会!笑

お酒飲まないけど!!

posted by トム at 06:34 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする