2020年05月05日

外傷骨折が止まらない。

5月入ってからの3日勤が意外に疲れたのか、昨日今日とダウン気味。
というか、それ以前に緊急事態宣言入ってからの夜勤前後が体力的にも精神的にも辛すぎて体に負担がかかってたんだと思われます。
頭痛くて、あんまり活動できなかった。
そんな明日は仕事なんで早めに休もうかとは思っています。


さてさて、コロナウイルスによる肺炎。その大流行に伴う緊急事態宣言でぶっちゃけ、予約の手術は減っている・・・気がする。
予約の手術ってのはうちの病院で言うと股関節とか膝とか脊椎とか。
予約で入院してくる患者数は整形外科に限っていえば減ってきてると感じています。


しかし、外傷骨折の患者が減らない!むしろ先週末多かった。
連休明けを待つ手術待機の人が4〜5人くらいいるんじゃないかって言う感じ。
いや、やめて欲しい、ホント。
STAY at HOMEではないのか!?

とうちのスタッフは口々に言っていますが、受傷の経過などのお話を聞かせていただきていると、階段から落ちたとか、屋根から落ちたとか家で怒った受傷も多く、きっと家にいる時間が増えたから普段やらないところの手入れとかしたうなったんだろうな、と思います。
普段やらないことは業者さんに頼みましょう(笑)

毎年1〜2件は必ずある!
屋根から落ちる人と庭木の剪定中に脚立から落ちる人。
素人がやったらあかんのやってw危ないよ?

骨折で済んだらまだマシな方で中にはそれで脊髄損傷になってしまう人もいますから。
脊損になったら大変です。
何せ受傷レベル以下は麻痺が起こりますから。程度はそれぞれでしょうけど。
はっきりいって日常生活に支障をきたします。


いや、ホント危ないってことをしっかり認識していただいて、庭木の剪定は実施するようにしてください。


そして、緊急事態宣言。
期限がとりあえずで5月末まで延長されましたね。
なんかその発表時の安倍首相の会見もグダグダだったようで、先が思いやられる我が国日本。
解除の基準を発表しないのはどんな理由があるのかな?

なんかバシッと解除の基準を出した方が国民全体の目標みたいになって一丸となってそこを目指せるような気がするんですが、それはただの素人考えかな?
まぁ、何にせよ、まだまだコロナとの戦いは続きます。
とはいえ気合いの入れすぎはきっと疲れて長続きしないだろうし、だからといって油断し過ぎれば感染拡大につながってしまうだろうのでまぁ適度に意識しながら、まずは自分がかからない、媒介となり自分が他人に移さないようにするためにはどうしたらいいのか?

感染症を止めるのはまずはこの当たり前のような基本的な考えが、とても肝要になってくると思うので、しっかりこの意識を持って生活をしていくようにお互い意識しあっていきましょう。

posted by トム at 21:50 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする