2018年01月13日

レヴォーグ ここまでのまとめ。

今日は納車されてからこれまでのレヴォーグを振り返ります。

9月に納車されました。
LEVORG 2.0ℓ STI SPORTS WRブルー。
オプションは
ベースキット
STIパフォーマンスパッケージ
STIリヤエンドスポイラー
STIスカートリップ
STIエキゾーストキット
ドアミラーオート
ドライブレコーダー
くらいだったかな?
けっこうモリモリです。

あとはディーラーとは別で、ガラスコーティング。
ダイヤトーンサウンドナビ MZ300PREMI
ETC、バックモニター。

いやぁ、お金使った使ったw

あ、後はホイールとスタッドレスタイヤも。



さてさて肝心要、乗って見た感じ。。。
上質!やはり軽自動車とは違うw
オプションの効果もあってか思うままに動いてくれる感じ。意に反した挙動がないっていうか。。
まぁそんな限界域での運転はもちろんしてませんw
ただそれでも思い通りに動いてくれるっていうことをすごく実感しています。
運転していてストレスを感じにくいっていうのはやはり大事な要素だなぁと感じています。

アイサイトツーリングアシスト。
これがやばい。
レヴォーグD型からアイサイトの新型が搭載されるという噂をきいたからこそ購入をD型リリースまで待っていました。本当は去年とかに買い換えたかったんですが。
しかし、待っただけはありました。
正直、高速道路の運転においてこの装備無しの運転はもう嫌です!っていうくらい優秀。
巡航運転はほぼほぼ任せっきりでもいいくらい。もちろん車両周辺に注意を払うとか最低限のことはしなきゃダメですが。
重要なことはは運転する、アイサイトツーリングアシストを使用する人がこの装備を『自動運転』ではなく『運転をアシストするもの』として認識することだ思います。たまに動画サイトで自動運転システムとして取り上げている動画がありますが、それはシステムに対する過大評価というか、受け取り方が間違ってます。
操舵アシスト・レーンキープアシスト・オートクルーズコントロールなどこれらはあくまで運転支援なのです。
そのことをしっかり心に刻んで、運転中に活用するならば、本当に素晴らしい安全装備だと思います。

あと個人的に気に入っているのはAVH。信号待ちなどで停車した時にブレーキをぐっと踏み込むとブレーキを保持してくれます。
足をペダルに置いておかなくてもよくなるので意外に便利。これも運転中の疲労感の軽減につながります。
発進時はちょっとアクセルを踏むとブレーキ状態が解除され、発進できます。解除方法が簡単なので活用の幅が結構広くて重宝しています。
残念なのはエンジン再始動時は設定が毎回オフになってしまうところ。


さて、多くの人が気になるであろう燃費。
私の使用環境下では10台〜11台前半。
通勤メインです。
ターボ車としてはかなりいい方なのでは?と個人的には思ってます。



さて、今年は頑張って貯金しながら少しずついじっていこうw
posted by トム at 14:12 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: