2019年08月08日

患肢の褥瘡は整形看護師の恥と思え!

もう少しマイルドな表現ですが、そんなようなことを言われたことがあります。
まぁ、全くもってその通り。ぐうの音も出ません。
だって整形でいう患肢って骨折してたり術後創痛があったりとかで患者自身が『思い通りに』動かせないことがわかっているのだから。
我々看護師はやはりそれを想定に入れて除圧をしたり、体位を調えたり除圧したりして褥瘡発生を未然に防ぐように関わらなければなりません。
それが整形外科看護師の役割の一つ。そうでなくとも褥瘡の発生って観察不足・認識不足から起こるということが多分にあるもの。
他に整形外科看護師として、注意しなくてはならないのは

「外固定による褥瘡発生」
シャーレ・オルソグラス・カラー・ニーブレース・コルセットなどなど。
上記はすごくメジャーなものですが、これ以外にもいろんな種類の外固定アイテムが存在します。
これらによってできる褥瘡もまた、整形外科看護師にとっては予防しなければならないものだと思います。
正しく固定されていたらそうそうできるものではないと思っているのですが、微妙なズレや締め付け具合などによってやはり起きてしまうものなのです。
加えて外固定で怖いのは『神経麻痺』が起こるリスクもあるということ。

これを知っている、知っていないでは随分違います。観察のポイントなんかもね。

神経障害なんて起こった日にはもうあなた・・・
悲しみです。
悲しみです。


患者さんのADLが著しく阻害されるだけではなく、その後の人生のQOLにすら大きな大きなダメージを与えてしまいます。
絶対に絶対に起こしたくない、起こしてはいけないものです。
そのために・・・

・外固定のサイズがきちんとあっているのか。
・正しく固定されているか。
・外固定具が皮膚に当たって疼痛が発生している部位はないか。
・しびれや知覚鈍麻が起こっていないか
・きちんと自動運動ができるか

などといったことはしっかりと患者のところへ行くたびにチェックをするのがいいでしょう。
いや、当たり前のことなんだけどね。

なんかもうちょい専門的なことを書こうと意気込んでいたのにそんなに専門的な話じゃなくなってしまった。
まぁ、書き慣れていないからってことで許してください。

何かご質問等あればコメント欄でお願いします。
わかる範囲でお答えさせていただきます。
posted by トム at 10:00 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: