2020年04月22日

iPad Pro+Magic Trackpad

iPad Proの新型が発表発売されたタイミングに合わせてiPad OSもアップデート。
track pad対応になりました。
track padってMac使っていない方はもしかしたらあまり馴染みがないワードなのかもしれません。

簡単にいうとWindowsPCで言うタッチパッドみたいなもんです。
かなり雑で乱暴な言い回しですけど。
ポインタを動かしてクリックしたりするやつ。

しかし、トラックパッドはそれに加えて、2本指や3本指でトラックパッド上で一定の動かし方をすればその指示に従って、様々な挙動をしてくれます。
ホーム画面に戻ったり、起動中アプリの一覧出せたり、そもそもアプリ一覧出せたり。
こいつがあればまぁ、大体pc上の指示は出せるっていう代物です。



今回、iPadがそのtrack padに対応するようになりました!

とはいえ、そもそもiPad自体タブレット端末なんだから、当然画面全体がタッチパネル。
そもそもどこまでその恩恵を受けることができるのか?みたいなところに対してかなり懐疑的ではありました。


しかし!
使ってみて初めてわかるこの快適さ(笑)

もともと数年前に購入したMacBookのためにMagic Tracpad2を持ってはいたのですが、それをBluetooth接続して見て使用。
9.7インチiPad Pro+Magic Keyboardと組み合わせて使ってみました。


1番いいのは画面をスクロールさせたりするのにいちいち指先を画面に持っていく必要がなく、脇に置いてあるtrack padでスイスイ動かせること。
それからさらにホーム画面に戻るのにホームボタンを押す必要がなくなったとうこと。(Magictrack padのジェスチャで可能)

あとは1番不便に感じていた、コピペ時の範囲指定!
これ指だとかなり不便かつやりにくい。かつ、キーボードでShiftキー押しながらって方法もあるけど、地味に煩わしい。
これもトラックパッドでサクサク。


それでいて持ち運びやすさはノートPC以上。起動速度も速い。と言うか、タブレット端末、基本電源切らないから使おうと思って開いたらさっと作業開始できるってやはり素晴らしい。
OSのアップデートで個人的に感じていたiPadの不満点の多くを解決してくれました。

そろそろiPadも買い替えの時期かなと感じてはいるんですが、今回のこの利便性の向上により、もうしばらくこのままでもいい気がしてきた。
OSがフォローしてくれる間はこのままでいいかな?


個人的にはそれくらい思える良アップデートです。
新型のiPad Proには新型のtrack pad付きMagic Keyboardもリリースされています。
見た目はそっちの方が美しいので魅力的なんですが、合わせると15万円くらいするって言う。
ちょっとストレージ容量あげたり、AppleCare申し込むとすぐ20万円くらいになるので。。。

これまでのiPadを持っていてMagictrackpad2をお持ちの方はこれまでの組み合わせにMagic Trackpad2を加えてみてはいかがでしょう?
作業効率は間違いなく向上させることができますよ!

おすすめです!
【レヴォーグの最新記事】
posted by トム at 08:15 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: