2020年05月15日

緊急事態宣言解除

昨日の首相会見にて緊急事態宣言の解除が発表されました。
まぁ、まだ8都府県は残っているとのこと。
ん〜、感じるストレスとしては少し減るのかな?

しかし、医療従事者の端くれとしては今回の緊急事態宣言の解除宣言。
正直まだ早いのではないかと考えています。
以前から何度か記事にもしていますが、、
「感染していましたということが新たに判明した患者数」が減少してきたといって、そもそも検査の絶対数が少ないのでそれがイコール実際の患者数減少とは言い切れない部分があるのではないかということ。
そして、治療薬、予防薬などが確立されていないにもかかわらず新規感染発覚者数が”0”になっていないこの状況で緊急事態宣言を解除してしまうのは非常に危険と考えざるを得ません。

大なり小なり今回の緊急事態宣言に伴う自粛生活で国民一人一人ストレスを抱える結果になったと思います。
抑圧されていた欲求が緊急事態宣言の解除により解放されてしまうのではないでしょうか?

つまり人の往来がまた急激に増えるリスク。
そしてそこへの対策が示されていないままの解除。

これは再流行へ自ずと向かっていくのではないでしょうか?



5月中旬での解除なので、この後の動きにもよりますが、、、夏真っ盛りの時期に再度大流行、なんてことも考えられます。


そうなると今度は熱中症とも相まってすごいことになりそう・・・・
普段、夏にマスクをつけるなんてそうそうないでしょうから、そのまま外を歩くことを考えるとまさしく地獄絵図。
高齢者だけでなく、若い世代の方々の熱中症リスクもうなぎ上り。



そもそも今回の解除は感染者数だけで判断されたのかな?
受け入れている病院の状況とかは考えられているのだろうか?
実際、現場の病院では新規感染発覚者数が減少に転じて来ていても、今のところはそれを実感することなく、基本的に外来に来る人=グレーな人と考えているので接すること人恐怖心を感じているし、接するときは感染対策装備をした上で関わらないとダメだしで、それだけでもかなりのストレス。
最近あまり、言われなくなって来ているけど、病床数や医療資源の問題など、そういう物も含めて精査した上での緊急事態宣言解除なんですよね?
国の偉い人たちが寄ってたかって会議をして、判断したことが、数字だけ見ました。なんてことはきっとないと信じて。


【レヴォーグの最新記事】
posted by トム at 09:17 | Comment(0) | レヴォーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。